田舎暮らしの物件探しに関する注意点

こんにちは、館山・南房総の田舎暮らしに憧れている大井です。

久しぶりの更新となる今日は、田舎暮らしの物件探しに関する注意点についてお話ししていきたいと思います。

これは、館山・南房総に限ったことではないのですが、田舎暮らしをするための物件を探すにあたり、不動産会社選びや田舎暮らし自体にも注意しなければならないことがあります。

田舎暮らし物件を探す際の注意点をまとめましたので参考にしてくださいね。

田舎暮らし 物件探し

田舎暮らしの物件を探す際の注意点

地域によっても変わってきますが、田舎というは基本的に広大な面積の田畑や山林を税収で支えていかなければなりません。

どうしても行政の対応できる範囲は限られてくるため、各自治会や住民が協力し合って管理していかなければならないのです。

地域によっては、自治会費などの負担が大きいところもありますので、物件探しをする際はそれらを踏まえ、その地域で生活していけるのかを確認することも大切になります。

また、行事や共同作業などの頻度も地域によって異なってきます。全ての行事や共同作業などに参加することは難しいとしても、田舎暮らしをする際は、ある程度の付き合いは必要だということを念頭においておくとよいでしょう。

 

不動産会社選びで注意すること

田舎暮らしの物件を取り扱っている不動産会社というのは、大きく分けて2つのタイプがあります。

地元の物件を扱う不動産会社と、田舎暮らしに特化して広域で物件を取り扱う不動産会社です。

地元の物件を扱う、いわゆる地域密着型の不動産会社は、地域に精通していることもあり、移住についての相談や地域に関するいろいろな情報など教えてくれたりもします。もちろん不動産会社の対応によりますけどね。

一方、田舎暮らしに特化した物件を取り扱う不動産会社というのは、一般的に移住サポートが充実しています。幅広く物件情報を提供してもらえる他にも、移住してくる際の注意点やその地域ごとの異なる点など幅広い視点からサポートしてもらえます。

どちらの不動産会社が良いかについては、物件探しの内容によっても変わってくるため一概には言えませんが、一番大事なのは、親身になって相談にのってくれる不動産会社を選ぶことです。

物件の良し悪しをしっかり伝えずに、物件の良いところばかりを伝えてくるような不動産会社は避けたほうがいいですね。

 

いかがでしたでしょうか。細かい点を含めればこの他にも注意したいところはいろいろありますが、まずはこの辺りに注意して田舎暮らしの物件探しをはじめるとよいと思います。

次回も館山・南房総の田舎暮らしにちなんだ不動産情報を紹介していきたいと思いますので楽しみにしていてくださいね。ではまた。