脂性乾燥肌って何?

こんにちは、主婦のマキです。

前回乾燥性敏感肌の事を書いたので、今回は脂性乾燥肌について書こうと思います。

脂性乾燥肌というのは、混合肌の一種で、顔の部位によって乾いた箇所と脂ぎった部分とが混ざっている肌の事を言います。

例を出すと、Tゾーンは脂っぽいのに目元は乾燥している状態です。また、生まれつき角質が薄くて乾燥しやすいのに皮脂だけは多く出てしまうといった方もいます。

脂性乾燥肌の方は適度な保湿をしつつ、余分に出てしまっている皮脂をしっかりと取らないといけないので手間が多くかかるのが特徴です。

しかし、脂性肌だと思って洗顔をこまめにしたり、脂取り紙でケアをしていた結果、乾燥が悪化してしまったといった事もあるので、むやみに判断するのはあまり良いことではありません。

脂性乾燥肌とただの脂性肌はぱっと見で判断するのが難しいのですが、一番確実なのは化粧品売り場にある専用の器具を使って調べる事です。

もし、以下の項目が当てはまったら脂性乾燥肌である可能性がとても高いと言えます。

・顔は脂っぽいのに目元が乾燥していて細かいしわが目立つ
・顔は脂っぽいのに笑うと頬のまわりが痛むことがある
・夕方になると化粧が粉っぽく崩れる
・朝晩しっかりと洗顔をしているのに小鼻の黒ずみがある
・鼻から頬にかけての毛穴が目立つ