通信制高校の学費っていくらくらいかかるの?

初めましてこんにちは!

愛知県名古屋市在住の綾瀬といいます。仕事は塾講師やってます。好きな食べ物はベターですが、名古屋コーチン。週に3回は食べていますね笑

さて、簡単に自己紹介させてもらいましたが、今日から通信制高校についての情報を配信するためにブログを立ち上げました。通信制高校に興味がある人の少しでも参考になれば嬉しいです。

さて、1回目の配信ですが、通信制高校に興味がある人なら誰もが気になる学費についてです。はじめに、通信制高校の学費の相場から見ていきましょう。

通信制高校 学費

出典:フォトAC

通信制高校の学費の相場

通信制高校ですが、全日制高校と同じく公立と私立があります。学費も公立よりは私立の方が高く、その費用も選ぶ学校によってかなり開きがあります。

通信制高校では、基本的に1単位毎に金額が決まっていて、初年度にかかる学費の相場は以下のとおりです。

初年度 入学金 授業料 1単位
公立 500円 2万5千円程度 約350円
私立 1万~5万円 50万~70万円以上 7千円~1万円

 

相場を見て分かるように、公立の通信制高校は比較的安い入学金と授業料で通うことができるというのがわかります。

入学金が500円で1単位350円。通信制高校は卒業までに「74単位」以上取得することが必要(これついては今後説明します)になりますので、諸費用を含めて学費は30,000円程になります。

一方で私立の通信制高校は、1単位あたりの授業料が7,000円~程かかりますので、少なく見ても50万円以上、学費がかかるということがわかります。

なお、通信制高校の学費でどの学校でも発生するのが、入学金、授業料になりますが、学校によっては、教材費や施設設備費などの費用が発生します。

また、学習スタイルや登校頻度、一般科目の他に専門授業を受けることができるコースなどを選択することによっても大きく変わってきます。

次回の配信では、学費の他に発生する費用と、さらに学費を抑えることのできる通信制高校ならではの支援制度についても紹介していきたいと思います。