学費の他にかかる費用と支援金制度について

名古屋市在住の綾瀬です。

通信制高校では入学金や授業料などの学費の他にもいくつかの費用が発生します。

支援金制度についての説明の前に、まずは学費の他にかかる費用を見ていきましょう。

通信制高校 費用

出典:フォトAC

学費の他にかかる費用について

通信制高校では、その他にかかる費用として以下のような項目があります。

  • 施設設備費・通信費
  • 教科書・教材費
  • イベント費
  • レポートの郵送費(切手代)
  • 日本スポーツ振興センター災害共済掛金

こちらも学校によって費用項目や金額が違ってきますので、確認するようにしましょう。

通学頻度

通信制高校は基本自宅学習がメインになりますが、通学頻度を選ぶこともできます。もちろん通学頻度の回数によって学費も高くなります。

参考までにN高等学校という通信制高校では、ネットコースが初年度、約25万円で、通学コースになると、週1コースで50万5千円。

週3コースで73万円、週5コースだと95万5千円にもなり、ネットコースと比べると約3倍にもなります。N高等学校公式より

サポート校

通信制高校には、いわば塾や予備校のような役割を果たすサポート校を併設しているところもあります。

サポート校は単位を取得することはできませんが、専門知識や技術を学べるコースが用意されていたり、学習スケジュールの管理をしてくれたり、きめ細やかな指導をしてくれます。

しかし、通信制高校の学費と別で費用かかるため、負担額が大きくなってしまいます。サポート校の学費も学校や通学頻度によっても大きく違ってきます。

平均的な学費を見ると、ネットコースで入学金込み年間約30万円。通学コースだと年間約80万円と、かなり高額になってきます。

サポート校を併設している学校では、通信制高校の学費が含まれている場合もあるため、確認が必要になります。

 

就学支援金制度とは

高等学校就学支援金制度とは平成26年4月から開始された、国立・公立・私立、全ての高等学校が、国から支援金を受けられる制度のことです。

通信制高校はもちろんの事、キャンパスなし・eランニングのみのコースでも、受給対象となります。高等学校就学支援金制度について:文部科学省

就学支援金制度の条件・期限・金額

高等学校就学支援金制度が受けられる条件は、世帯年収が年収910万円未満の世帯になり、支給される期限は、全日制高校だと3年、通信制高校は4年になります。それ以上になると支給されません。

支給金額は授業料が定額制の場合、私立の通信制高校は月額9,900円で、公立は月額520円です。

単位制になると私立の場合、1単位4,812円、公立だと1単位336円支給されます。上限は私立と公立のどちらも同じで、通算74単位、年間30単位までとなっております。
支給金額:文部科学省

 

通信制高校の学費・費用まとめ

通信高校の学費ですが、通学する頻度や、進学コースや専門コースといった選ぶコースなどによっても、大きく変動することがわかりますね。

自分の学習状況や経済状況にあった学校を選び、就学支援金制度も活用して、少しでも費用を抑えるようにすることをおすすめします。